落下抑制テープ

東日本大地震では、多くの友人知人が、書棚の倒壊や書棚からの書籍の飛び出しで、被害に遭いました。開架式書棚の場合、どんなに書棚を固定しても、中に入っている書籍は移動できるので飛び出してしまいます。私はたまたま地震の4日前に引っ越したばかりでほとんどの書籍が段ボールに入ったままだったので、難を逃れましたが、私も書籍をたくさん持っているので、書棚の安全性については考えさせられました。しかし、飛び出し防止の装置などをとりつけたとしても、書籍の出し入が面倒になり、結局正しく使わなくなるのは目に見えています。そうして、危険だとわかりつつも特に対策を取とらずに1年以上が過ぎて知ったのがこのテープでした。


落下抑制テープ

落下抑制テープは、本棚の棚板前端に貼ることで、書籍の落下リスクを低減するテープです。(落下の抑制を100%保証するものではありません)半透明なテープの表面には特殊な加工が施してあり、地震などで前に出ようとする本に対し、滑り止め効果を発揮し、落下を防ぎます。


効果に関して個人での実証は難しいですが、メーカーホームページにて、地震の震動を再現したテストなどが掲載されています。

もちろん、一般家庭やオフィスなどの場合、まずは書棚の固定をしっかりしておかないといけないのは当然ですし、その上でも落下リスクがゼロになるわけではありません。




落下抑制テープ

このテープの良い所は、なによりも、普段の生活にほとんど変化を起こさないこと。本棚の縁に半透明のテープを貼るだけで、見た目にもほとんど気付かれない程度ですし、なにより書籍の出し入れの際に余計な動作も不要ですし、全く邪魔にならないので、動作も全く同じです。普段はこのテープを貼っていることさえ忘れてしまいます。もともとは全国の図書館などに図書落下防止用として導入され、業務用としてつかわれているものをオフィス、家庭向けにパッケージした製品ということで、実用に関しては安心感があります。


落下抑制テープ

表面の加工は、べたべたせずサラッとしているので、埃を過度に吸着することもなく、掃除もいつも通り。拭き掃除もできるし、埃取りのワイパーなども使えます。


[メーカーサイトよりの注意事項]
・書棚の固定方法、設置方向、震動(加速度、周波数、振幅)の程度によっては震度6弱でも書類が落下する場合があります。
・落下抑制テープは書棚から書類が落下するリスクを低減させますが、落下抑制を100%保証するものではありません。
・落下抑制の効果には限界があることを正しくご理解の上お使いください。

 

落下抑制テープ 25mm×1.8m

落下抑制テープ 25mm×1.8m

 

落下抑制テープ 25mm×9m

落下抑制テープ 25mm×9m
型番 GN-900
定価 4,400円(税込4,752円)
販売価格

4,400円(税込4,752円)

購入数
up down