すべて完売いたしました。 ※限定品のため次回入荷予定はありません。

ex01_KAo-MEMo

KAo-MEMo

みなさん家族や大切な人とコミュニケーションをとっていますか?
朝早く家を出て夜が遅いお父さん、パートに出かけるお母さん、塾通いの子どもさん、 なかなか時間がうまく合わない場合もあるようです。

わざわざ手紙を書いたりしなくても、せめてひとこと、ちょっとした用件を伝えるだけでも、 伝わる気持ちはあるように思います。そこで、ちょっとした伝言に、こんなものはどうでしょう。

おやつ


カオメモは可愛らしい置物のようですが、じつは
伝言用の立体ホワイトボードです。机上や玄関、デスクなどに置いて、一言、簡単な伝言を伝えます。 特徴はご覧の通り、人の形をしていること。おなかの部分にメッセージを書いたら、顔に表情を書いてみましょう。


たった一言のメッセージでもその表情で、伝わるイメージはずいぶんと違ってきます。 たとえば、夜遅くに帰宅したお父さんがテーブルを見ると

(^_^)

レンジであたためて食べてね。(^_^)


(`‐´≠)

レンジであたためて食べてね。(`‐´≠)


これはかなり意味が違いそうですね。


メールに顔文字を使うような感覚で、ちょっと表情を書き加えるだけで、 文字だけでは伝えにくい気持ちまで伝えることができます。



 

使い方

KAo-MEMo

使い方はとても簡単。付属のペンで本体に伝言や顔などを自由に書いて下さい。 底以外はどこにでも描けるので、自由に描いてみて下さい。


メッセージを消すときは、ティッシュペーパーややわらかい布などで簡単に 拭き取ることができます。


カオメモ本体の素材は小ロットで生産可能で、さわり心地の良い高い質感の製品ができること、適度な重量があること、ホワイトボード用インクをきれいに拭き取れることなどの条件から、陶器を選択、いつまでも美しく清潔に使うことがが可能です。
生産は一個一個が職人の手作業によって作られています。ペンは付属していますが、一般的なホワイトボード用のマーカーが使えます。



 

アイデアコンテスト

KAo-MEMo

この製品は、2012年に発表されたサンスター文具の「第17回文房具アイデアコンテスト」において、3387通の応募の中から審査員特別賞「ザリガニワークス賞」を獲得したアイデア「KAo-MEMo」を元に製品化された物です。数量300個限定生産の試験販売品を文具王の文具店で100個確保いたしました。

<サンスター文具のアイデアコンテストについてはコチラ>
アイデア文具募集



<カオメモの受賞詳細>
http://www.sun-star-st.jp/news/61/17th_p_a09.html


発案者は小松岳さんと山浦晃司さん。当時千葉大学の学生だったそうです。応募のコンセプトシートにはこんなコメントがありました。


「KAo-MEMoは、メッセージに表情を加えることのできる立体メモパッドです。表情を加えることで書き手の心情がより伝わりやすくなり、読み手には温かみを与えます。表情を描く顔を立体にすることでその効果はより強調され、KAo-MEMoは描き手の小さな分身として、描き手の描く時間、読み手の読む時間に楽しみを与えます。素材は安価で丈夫なポリプロピレンを使用。ホワイトボードマーカーを使用することで何度でも描くことができ、必要な情報が描けて場所を選ばないサイズになっています。丸みをおびた真っ白の本体が思わず描きたい気持ちにさせてくれるでしょう。」


※耐久性や生産性、使い勝手を考慮し、頭は胴体と一体化し、素材は陶器に変更してありますが、コンセプトやデザインは、原案に忠実に再現されています。



 

文具王の手書き解説書付き

文具王の文具店の購入特典付録として、
イラストも文も文具王の手書き原稿による解説書
「文具王の文具店の研究レポート」(A5版4ページ・色画用紙)を添付いたします。<非売品>

※画用紙の色などは変更になる場合があります。

 

KAo-MEMo

■KAoMEMo
型番 S2800047
定価 1,800円(税込1,944円)
販売価格

1,800円(税込1,944円)