004SUTTOKAKEERU

今こそ手書きで宛名を書こう

字がきれいに書けないという悩みは、私を含めてかなり多くの人を悩ませているとおもいます。 これは本人にとっては切実な問題で、履歴書を書いたり役所の届出書類に記入したり、ちょっとしたことでも本人にとってはストレスです。

冠婚葬祭行事での記帳や祝儀袋の記名など、慣れない筆ペンで書かされると、それだけでもう、帰りたい気分になってしまう。 一度にたくさんという意味では、年賀状の宛名書きも、憂鬱な冬の風物詩になってしまいます。

もちろん、そんなのパソコンで印刷すればいいじゃないか、と言ってしまえばそれまでですが、 年に一度の挨拶の相手のお名前ぐらいは、機械に任せずに相手の顔を思い出しながら書きたいと思っています。

受取人の名前が印刷だと、住所リストから一括印刷してしまえば、相手のことを一度も思い出さずに投函することだってできてしまいます。 でも、宛名を手書きにすると、少なくとも、住所や名前を書くほんの数分でも間違いなく相手のことを思い出しますし、ある意味その証明でもあります。

年賀状を送らなくてもメールでご挨拶はできてしまいますし、写真なんか、紙よりメールの方がキレイに送れます。 でも、そんな今だからこそ、私はポストに「はがき」という実体を持った物が投函される意味を見直してみたいと思っています。 そのために、あえてめんどくさいかもしれませんし、自信が無いかもしれませんが、宛名を手書きでかいてみることをご提案します。


でも、やっぱり、文字が下手で、手書きだとむしろ申し訳ない・・・と思ったりしていませんか?じつは私だって文字に自信はありません。

でも手書きの年賀状はもらうととっても嬉しいんです。だから、とびきり上手じゃ無くてもいいとおもうんです。 最低限、自分が嫌でないぐらいに、ヘタでなくなればいいと思います。

今回は、私のそんなコンプレックスからちょっとだけ救ってくれたプチ魔法の板をご紹介します。 ですから、今回の製品は、既に文字に自信のある人には不要なものだったりします。



ヘタでなければいんです

もともとうまくはないとしても、普段もノートや書類に文字は書いているはずなのに、ハガキに書くと、いつもの力さえ出せていない気がしませんか?

そもそも、年賀状などのハガキや、封書に宛名を書くのがどうしてあんなに難しいのかというと、 いつもは書かない縦書きで、いつもは書かない大きさの文字を、しかも真っ白なところに書かなければいけないからなんです。

横書きの時はだいたいベースになる罫線があって、その上に載せる感じで文字を書きます。 下が揃っていれば、町並みのように、多少デコボコがあっても安定感があります。

これが縦書きになると、タテの中心揃えになります。 いままで、目に見える線にのせればよかったものが、 架空の線、しかも、文字のほとんどは左右非対称なので、中心がわかりにくくなってしまいます。

大きさがいつも通りでないのももんだいで、どれくらいの大きさの文字で何文字ぐらいという検討がつかないので、 いつも下手な感じに見えてしまいます。きれいに書こうとすると、「文字」を美しく書こうしてしまいがちですが、 じつは、それよりも、紙面全体のバランスとして、ちょうど良いところにちょうど良く大きさの揃った文字が、 一列にまっすぐ並んでいるだけで、全体としては、ぐっときれいに見えます。これは、文字が全く同じでも歴然とした差がでます。


もちろん、そのためにコツコツ練習なんてやってる時間はありません。ではどうすればいいか、そうです。この「スットカケール」をハガキに載せて、位置と大きさを決め手もらえばいいんです。はい、それだけです。


重要なのは文字の大きさと位置

文字数ごとに一文字に割り当てる高さと位置が表示されています。これを目安に名前を書いていきます。「様」まで含めてバランスをとります。

スットカケールは、ハガキ専用の文字位置を決めるテンプレートです。

ハガキより一回り大きく、裏面には段差がありますから、ハガキにぱかっとのせると、ハガキが固定されます。 あとはこのガイドに従って文字を埋めていけば良いだけですが、書き始める前によくガイドを見て下さい。

まずは相手の名前部分、基本的には3文字から5文字に対応していて、最後に「様」を書く位置も用意されています。 2文字やそれ以上の名前の場合もあるかもしれませんが、その場合は、後回しにしてまず3〜5文字の方のハガキで感覚をつかんで、 慣れてきたらガイドのどのあたりに文字が来るようにすれば良いか見当を付けて書きましょう。


 

住所は、何も考えずに書き始めてしまうと、文字数が足りなくなったり改行位置がおかしくなるので、先にだいたいの見当をつけておくと、バランスがぐっとよくなります。

それから郵便番号と住所欄。右利きの人の場合、この順番で書けば、書いた文字を汚しにくいのでおすすめです。特に筆ペンや万年筆などの場合、インクが乾くのに少し時間がかかるので、この順番が良いと思います。

住所は、すぐには書き始めず、まず相手の住所の文字数を数えて下さい。住所欄は、タテ10文字×2行になっていますが、「霞ヶ関」が、 「霞」で改行されて次の行の一番上が「ヶ関」というのはおかしいですよね。ですから、どこで改行するかを考えます。


文字数が収まらないときのコツは

  1. 1 県名を省略する
    (郵便番号が間違ってなければ県名は無くても大丈夫。でも、入るときは県名から書いた方が丁寧できれいに見えます。

  2. 2 建物名を省略する
    「◯◯スーパーグランドハイアットレジデンスハイム」とかは諦めて番地と号数で指定します。


そして、配置のバランスを考えます。2行目が部屋番号だけの場合などはバランスが悪いので、1行目の途中で改行して、2行目を少し下げます。


自分の住所は、印刷やスタンプの人も多いし、手書きの場合でも、間違える確率が少ないので、後でまとめて書いたりしても良いと思います。


筆ペンの時は少し小さめに

筆ペンや太めのペンで書くときのコツは、枠一杯まで大きく書こうとしないこと。ギリギリまで大きく書いたり、払いを大きく書いてしまうと、ワクに筆やペンが当たってしまって、左右の端が妙に四角くなって、枠にはめたのがバレバレになってしまうことがあります。特に右端は注意してください。勢いで枠までいってしまうことがあるのでご注意ください。


秘密の板

左が郵便番号5桁のときのもの、右が現在のスットカケール。

ここだけの話ですが、私は郵便番号が5桁の頃からこのスットカケールを使って年賀状を書いてます(^_^;) (だから、昔使ってたスットカケールは今のと郵便番号の穴の形が違っています)。

文字はあいかわらず自慢できませんが、なんとなく整って見えるようには書けるようになってきました。 たかがプラスチックのワクですが、15年以上前、藁をもすがるような気持ちで使い始めたら劇的に気分が楽になった道具です。

もうすでに字が上手な人にはマッタク不要な製品ではありますが、私のように自分の文字にコンプレックスを持つ人には、 騙されたと思ってぜひ一度使ってみて戴きたい道具です。そして、ぜひ今年は、お世話になった方々に電子メールではない、紙の年賀状を送ってみては如何でしょうか。



文具王の手書き解説書付き

文具王の文具店の購入特典付録として、
イラストも文も文具王の手書き原稿による解説書
「文具王の文具店の研究レポート」(A5版4ページ・色画用紙)を添付いたします。<非売品>
プレゼントに添えたり、誰かにフィットカットカーブの凄さを自慢したいときなどに御使用下さい。
※画用紙の色などは変更になる場合があります。

 

スットカケール

■スットカケール
型番 39-0251-000
定価 250円(税込270円)
販売価格

250円(税込270円)

購入数
up down